湖北タウンホーム

「小さな街が出来たかのように住み着く」をテーマに、
障害者の暮らしを支えます。

平成9年(1997年)4月、当時では珍しく全室個室の身体障害者の入所施設『湖北タウンホーム』を開所しました。「町の中の家」という意味を込め、タウンホームと名付けています。

喧騒のシティホームではなく、また寂しいカントリーホームでもなく、落ち着いた街並みの一角に「小さな街が出来たかのように住み着く」というのがタウンホームの基本的な考え方。温かい近隣住民に囲まれ幸せいっぱいに暮らしておられ、職員はその暮らしを支えられるよう努力しています。

施設長
高山 徹

自らの生活を作り上げていくための
生活支援を提供します

障害がある方が自らの生活を作り上げていくために、食事、入浴、日常生活介護、健康管理、機能訓練、自立生活支援、日中活動など、生活に関する各種支援を提供しています。

通所利用される方には、送迎サービス(有料)を行っています。

また、一時的な施設入所の支援も行っています。ご家族の方のご都合や、ご本人のご希望など、様々な目的でご利用いただけます。

利用者の状況にあわせ
生活の支援を行います

施設入所(定員50名)では、障害のある方の生活を支援しています。生活する上で必要な衣類の着脱、食事、排泄、入浴など、利用者の方それぞれに合わせた支援を心がけ、快適に過ごしていただけることを目指しています。

医療的なケアが必要な利用者の方につきましては、施設医、看護師との連携をしっかりと取りながら、安全・安心・快適な暮らしの実現に向け、職員一丸となり支援しています。

開かれた医療を展開する
保険診察所を開設しています

保険診療所「グリーブクリニック」を施設内に併設。在宅障害児者や地域の方に、開かれた医療を展開しております。

総合病院などとも連携しながら、快適な健康生活を支援しています。

診療所について

障害のある方を支援する
独自事業を展開しています

施設内には、利用者の方だけでなく地域の人にも来ていただけるカフェを開設。

また、滋賀県湖北地域にお住まいの障害児者(知的・身体・精神)の方を対象に、障害福祉にかかわる全般の相談を受け付ける「ほっとステーション」も、ながはまウェルセンター内に設置しています。

Photo album!

湖北タウンホーム外観

施設入り口

利用者さんとスタッフでカロム対決!

利用者さんのお部屋。五木ひろしさんの大ファンなんです!

お食事の様子です

定期的に陶芸教室を開催。施設内の窯で焼き上げます!

入浴施設

就学前のお子様のためのリハビリ室

お子様のためのリハビリルーム

語らいのひととき

利用者の皆さんの習字

施設内通路

多目的ルーム。運動や陶芸教室などに活用されます

施設データ

施設名
湖北タウンホーム
種別
指定障害者支援施設(生活介護+施設入所支援)
開所
1997年4月
事業概要
生活介護事業、施設入所支援事業、短期入所事業、保険診療所(内科・小児科・リハビリテーション科)
住所
〒529-0102 滋賀県長浜市月ヶ瀬町525
TEL
0749-73-3910
FAX
0749-73-3920